アクティブ映像制作

- Trail running -

映像制作事例



1週間での結果は(2017/3/27-4/3)
リーチ6,286件、再生2,159回、シェア4名。


東 徹(ひがし とおる)選手

昭和50年9月29日生まれ(41歳)所属:大和走友会

三原市大和町大草出身。中学校から陸上競技をはじめ,現在はマラソンを中心に競技を続ける市民ランナー。マラソンのベスト記録は2時間19分12秒。

マラソン以外に山を走るレースにも出場し,平成25年には山を走るレースで日本最高峰といわれる日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)を大会新で制した。

平成28年はスペインで行われたスカイランニング世界選手権に出場した。
平成23年から開催する「三原・白竜湖トレイルランレース」の運営にも関わる。

  1. Purpose
  2. Process

映像制作の主な目的

トレイルランニング情報サイト、ジャパントレイルクラフトの選手紹介用動画の制作。

山でのランニングシーンでは、アクテエィブカメラ・ジンバルによる撮影を追加。
疾走感のある映像に仕上げております。

映像制作の流れ

打合せ:1回
撮影時間:1日
編集:1日

プロモーションも兼ねた映像で、今回はFacebookを中心に拡散をしました。

1週間での結果は(2017/3/27-4/3)
リーチ6,286件、再生2,159回、シェア4名。




映像制作・ホームページ作成

PAGE TOP